アラサーと妊娠

アラサーと言う年齢は、本当に微妙です。
このあたりで恋愛して、結婚して、妊娠しておかなければ、なかなか妊娠がむずかしくなることも知っています。
つまり、いつまでも若くないし、女性は将来子供を持って育てる夢があれば、年齢に制限がかかってくるのも実感してくるでしょう。

最近では、高齢出産の女性も増えていて、40代前半くらいまで妊娠を望む人もいます。
それは、やはり女性がアラサーの年齢で、恋愛し始めて結婚している人も多くなっているからです。
アラサーどころでなく、アラフォーの年齢(35歳から45歳くらい)でやっと結婚をする人さえいます。

しかし、アラサーの年齢で妊娠して子育てをするのも悪くはありません。
むしろ、20代の時よりも、精神的に、経済的にも、もっと落ち着いて子供の身の回りのことをするのを楽しめる余裕さえあります。
あまりに若くして子供を持ってしまいますと、自分が社会での位置づけを確保する前に、何の手に職もおぼつかないままに、家庭で子育てに集中することになります。

子育てが終わったときに、自分の中にぽっかり穴が開いたようになって、空虚感を経験するかもしれません。
それよりも、アラサーの年齢で、ある程度社会経験があって、経験もある意味で豊かになってきだした頃に子育てを始めるのであれば、その知識を活かして、もっと余裕のある方法を見出すでしょう。
また、子育てが済んでも、かつてのキャリアをまた活かし、仕事を復活することも夢ではないでしょう。
アラサーと結婚、そして子供
ずいぶん昔に、DINKSと言う言葉が流行りました。 この意味は、Double Income No Kids、つまり2倍の収入でも子供なしという意味で使われていました。 結婚しても、恋愛期間のように、二人だけで人生を思いっきり楽しむことで、結構こういったカッ